特別セミナー

(8月29日(日) 13:00~14:00)

テーマ: 「学習者中心の教育を実現するインストラクショナルデザイン」
~GIGAスクール構想と個別最適な学び~
稲垣 忠(東北学院大学)

【趣旨】

GIGAスクール構想により児童生徒1人1台,1人1アカウントの環境と高速ネットワークが整備された。この環境を活かし,学習指導要領が目指す主体的・対話的で深い学びの実現につなげるには,従来の教師が授業のどの場面でどのようにICTを活用することが効果的か?といった考え方から脱却する必要がある。

同様に,児童生徒の「学び」にとって「授業」は多様な学びの場の1つであり,「よい授業」の目的化から脱することが求められている。1人1台,1人1アカウントは児童生徒にとっての学習環境の基盤である。授業の中に閉じていたICT活用から,児童生徒の学びを柔軟かつ包括的に支援する環境の活用へと発想の転換が求められる。

講演では,学習者の学びを支援する理論的基盤であるインストラクショナルデザインの立場から,1人1台環境における学びのデザインについていくつかの論点を提案する。本学会における学習者中心の教育に資する教育情報学研究の広がりを期待したい。